○音威子府村の区制に関する条例

昭和52年12月16日

条例第20号

(設置)

第1条 本村行政の能率的効果を挙げるため、村内の一定地区を単位として区を設置する。

第2条 区の設置単位及びその名称は、村長が別に定める。

(報酬及び運営費)

第3条 区に区長を置き、報酬及び費用弁償(職務のため村長が招集したときに限る。)の支給については、音威子府村非常勤特別職職員の報酬及び費用弁償支給条例(昭和31年条例第12号)の定めるところによる。

2 区には運営費を交付する。運営費は、予算の範囲内で村長が別に定める。

(職務)

第4条 区長は、区内の諸事項について村又は村の附属機関との連絡に任ずる。

(委嘱の方法)

第5条 区長は、区内の推薦により村長が委嘱する。

(任期)

第6条 区長の任期は、1年とする。ただし、再任は妨げない。

第7条 区長に事故あつて任期中に退職又は死亡した時の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

(委任)

第8条 区長は、区内の事務を処理するため、必要な事項は、別に定めることができる。

附 則

この条例は、昭和53年1月1日から施行する。

附 則(昭和59年9月29日条例第10号)

この条例は、公布の日から施行する。

音威子府村の区制に関する条例

昭和52年12月16日 条例第20号

(昭和59年9月29日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和52年12月16日 条例第20号
昭和59年9月29日 条例第10号